TOP> 人材育成のための要件設計・運営・管理システム(IQS)
IQS:アイ・キュー・エス(人材育成のための要件設計・運営・管理システム)/人材の育成をサポートするタレントマネジメントシステム

IQSとは

年次・職位・業務などの属性に対応した資格・研修・スキル等の要件を設定し、その充足状況を把握・管理することで人材育成を支援するタレントマネジメントシステムです。

人材の育成や適正配置でお困りではありませんか?

課題

解決策

社員の業務経験、専門分野に関する情報が集約できておらず、把握が属人的になっている。
IQSでは、社員の業務スキル、保有資格、研修などをスキルシート化します。これにより本人・上司・人事それぞれの立場で社員の属性を一元的に把握できます。
紙やEXCELによるシートで目標管理を実施しており、集計・運用が大変だ。
社員自身による入力と、上席承認のワークフロー機能により、情報の集約と集計の省力化を図ることができます。
年次や職位や、業務に求められる要件を設定・公開したい。
あわせて社員毎の充足状況を効率的に把握したい。
IQSでは、会社が期待する要件×属性を定義・設定・公開し、要件に対する社員の充足状況を可視化することができます。
社員の能力に応じた適材適所配置を行いたいが、全社員の情報を把握できていない。
PA RoboPlanner(人事異動支援システム)と連携することで、IQSに登録されている各社員の情報と部署別・役職別に設定された当該部署・役職に配置されるための必須/推奨要件および異動対象となる条件等から、最適な人事異動案を提示します。
個人の習得スキルや取得資格などの属性と業績などの成果を比較して人材育成策に生かしたい。
属性と成果について、相関分析や要因分析など、多様な手法を用いて可視化します。
システム構築は柔軟な対応をしてもらえるのだろうか?
当社データセンタにサーバ設置のASPサービス(専用クラウド)とオンプレミスのいずれの対応も可能です。
IQSの機能概要

社員のスキル・
資格管理の効率化

年次・職位・職級・所属・職種などの属性と、スキル・資格・研修等の要件を、簡単な操作で設定・表示(カスタマイズしたスキルシートの作成)また、証券外務員や保険販売資格などの原簿管理にも対応しています。

キャリアパスの
可視化と
モチベーション
向上

職位・職務ごとの適格要件を登録し、必要なスキル・資格・研修等を可視化することで、キャリアパスの明確化と社員のモチベーションの向上を図ります。

適材適所配置
による
組織活性化

IQSでは、適格要件を満たす候補者選定を、属性/要件検索機能を活用して行うことができます。また、一連のフローを自動化する人事異動案策定支援システムを開発中です。

属性・要件と
成果の比較分析

保有するスキルや資格、受講した研修等と、業績等の成果を、多変量解析手法を用いて比較分析します。分析結果は今後の人材育成・人材活用策に活用することができます。

Photo台帳機能で
社員の写真と
合わせて表示

社員一人一人の年次、職位、職級などの属性情報と、各種資格、スキル等の要件を顔写真とともに一覧で表示します。
画面サンプル

▲トップへ


前のページへ  アーティスTOPへ